匠の技術

photo

数寄屋造りとは

京都のお茶室などによく見られる「数寄屋造り(すきやづくり)」とは、日本の建築様式の一つであり、数寄屋(茶室)風を取り入れた住宅の様式とされるものです。
語源の「数寄」(数奇)とは和歌や茶の湯、生け花など風流を好むことであり、「数寄屋」は「好みに任せて作った家」といった意味で茶室を意味しています。
数奇屋大工が造る木造軸組工法の家屋です。
当社は、この数寄屋造りを得意としており、重量感や質感がでる「リシン掻き落とし」や「リシンくしびき」という方法で外壁施工を行うこともできます。

photo

趣のある外観

photo

重量感のある リシン掻き落とし

photo

家の魅力を一層引き出すリシンくしびき

ページTOPへ戻る △

数寄屋造りの特徴
多彩な建材

竹や杉丸太を好んで使用します。数寄屋は、数寄者からその名が付いた、と言われる位、自然の物を上手く使い、ごく自然にそこに有るように心がけながら木と木を組み合わせて施工するのが数寄屋造りの特徴。
特に杉はその木目が称揚され多用されます。
また丸太普請という一見素朴だが高度の技術を要する工法を採用してい ます。

photo

土壁仕上げ

壁については、聚楽壁に代表される土壁仕上げを行います。そのため左官技法は高度に、かつ多彩に発展しています。

photo

深い庇(ひさし)

庇を長めに造ることで、内部空間に深い陰影と静謐をもたらします。

photo

多彩な建具類

襖や障子のデザインにも工夫を凝らし、後には板硝子という新たな材料を得て、一層多彩に展開した。雪見障子や猫間障子、組子障子など職人の技術の粋を見ることができる。

photo

ページTOPへ戻る △

数寄屋造りイメージギャラリー

photo

photo

photo

photo

photo

photo

お問い合わせ

お困り事はございませんか?

ご質問・ご相談・カタログ請求などお気軽にご連絡ください。
親切・丁寧にご対応いたします。

ページTOPへ戻る △

ページTOPへ戻る △

HOMEシロヤマSTYLE匠の技術家づくりの進め方おすすめプラン施工実績ブログ会社概要お問い合わせ|